読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

注文の多い料理店の序文やばいんだよね

学校の授業で宮沢賢治のことを勉強する授業があって、先生が音読してくれて大好きになった文章。注文の多い料理店(童話集)の序文。

 ちっちゃくても良いから声に出して読んでみてほしい。

 

 

 

わたしたちは、氷砂糖をほしいくらゐもたないでも、きれいにすきとほつた風をたべ、桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。

またわたくしは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、いちばんすばらしいびろうどや羅紗らしやや、宝石いりのきものに、かはつてゐるのをたびたび見ました。

わたくしは、さういふきれいなたべものやきものをすきです。

これらのわたくしのおはなしは、みんな林や野はらや鉄道線路やらで、にじや月あかりからもらつてきたのです。

ほんたうに、かしはばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかつたり、十一月の山の風のなかに、ふるへながら立つたりしますと、もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。ほんたうにもう、どうしてもこんなことがあるやうでしかたないといふことを、わたくしはそのとほり書いたまでです。

ですから、これらのなかには、あなたのためになるところもあるでせうし、ただそれつきりのところもあるでせうが、わたくしには、そのみわけがよくつきません。なんのことだか、わけのわからないところもあるでせうが、そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。

けれども、わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾きれかが、おしまひ、あなたのすきとほつたほんたうのたべものになることを、どんなにねがふかわかりません。

          

大正十二年十二月二十日

宮沢賢治

 

言葉選びのセンスとか、並べ方とか、声に出して読んだ時の音のリズムとか、本当にすごいと思った。何回読んでもすごい。すごいとしか言い表せないのが悔しい。こんな文章が書けるような人に、私はなりたい。

いつか遠藤憲一に朗読してもらいたい。

 

村上春樹とよく一緒に紹介されるフランツ・カフカの小説をまだちゃんと読めてないから『変身』と『断食芸人』は春休みのうちに読もうと思う。

 

読むスピードがめっちゃ遅いのが悩み。

 

おわり

23日の日記

寝坊

今日は、本当なら06:00に起きたかった。でも目が覚めたのは09:10だった。目覚ましをかけてなかったのが一番の原因。

オフィスには1時間ほど遅れて、12:00ごろに出勤した。

駅前のドン・キホーテでいつも朝ごはんとかお昼ごはんを買うのだけど

レジに男子高校生の店員さんがいつもいて、今まで一回もレジ当たったことは無かったんだけど、毎回目が合うからなんか恥ずかしくて。

そういうの、あるよね!?

今日はたまたま、その人のレジが空いてたから「あーはずかしー」と思いながら並んだ。接客は全然冷たくないんだけど、ゼリー買ったのに、スプーンをつけてくれてなかったのがすごい悲しかった。オフィスにスプーン無かったら食べれなかったよ!

 次あった時に「この前はスプーン付け忘れちゃってすみません…」とか言ってくれたら全部忘れてあげようとおもいます。

こういうことがあると、自分が働いてたコンビニの常連さんたち元気かな~ってたまに思う。

コンビニで売ってるサラダチキンって裏側のバーコードがシワッシワで読み取りにくいんだけど、それをいつも買う常連さんが3回目くらいからシワを伸ばしてから渡してくれるようになったときは、コンビニ店員やっててよかった~って思った。

http://fukugi2910.com/blog/wp-content/uploads/2014/10/a5a8ef98fbce48dc47b559dfd0d7b444.jpg

マルボロと甘いカフェオレとおにぎりをいつも買っていく香水がキツめのイケメン眼鏡お兄さんは、香水の匂いがしただけでマルボロ用意したりしちゃってたなあ。

気持ち悪いよなあ

 

今日決めたこと

最近なんか体の中の調子が悪い気がするから食生活きちんとしようって思った。

乱れた食生活を正すために決めたこと!

1.ポテチとかじゃがりことかは1週間で1つまでにする!

2.グミは1ヶ月に1袋以下!

  菓子パンも出来たら食べたくないんだけど、

  お仕事しながら食べるのは菓子パンが一番楽なんだよな~

  あ、今日朝ごはん代わりに飲んだ苺とベリーのスムージーみたいなのが

  すごい美味しかった。チアシード入ってたから多分健康にいい。

3.果物も1週間に2つくらい食べたい!

 

腸内環境を整えるためには甘酒とか麹がいいって言われるけど、どっちもすっっごい嫌いで無理して摂取しろって言われても多分出来ないレベルだからダメだ。

 

あと3ヶ月で20歳だから、そろそろ本気出す。

 

 

おわり